SEMラボラトリーの社長ブログ

大阪でSEO対策(検索エンジン最適化)をしています。Movable typeからWordpressに変えた新ブログです。SEOと柔道が三度の飯より好きです。マイペースに更新しています。

SEO対策(検索エンジン最適化)のSEMラボラトリー社長ブログ

無題

   

ここのところ、モチベーション動画にハマりまくっています。
朝一番でモチベーション動画を見ると仕事に打ち込みやすい気がしています。
飽きるまではこの時間を大切にしたいなと思っています。フンフン

しかし、武井壮氏、松岡修造氏、孫正義氏、堀江貴文氏、林修氏、他著名人、みなさんいいコト言いますね。
上から目線で言うわけではないんですが、いいコト言うなと思います。

みなさんいいこと言うなと思いますけどね、見る側はちょっと考えた方がいいんじゃないかなと思えることが多いです。

例えば、武井壮氏が文武両道を否定した大人に対して苦言を・・・という話がつい最近ありましたが、現実的に言えば、文武両道を”目指す”分には大いに結構だと思いますが、武のレベルが極度に低い方がある程度のレベルの武に入り文のレベルもあげ両方で結果を出すことはほぼ不可能であり、一般的にはこのケースが多いのではないかなと思います。

いやまぁ、ぼくの解釈は言葉のアヤというやつで、武井氏は実際にはぼくの言うような意味のことを言っているわけではないと思っています。
武井氏も他の方々も、文も武も目の前のことに集中して取り組みましょうね・・・という意であることは間違いないと思います。

色々ある背景を考えず目に見える文字情報だけを鵜呑みにすると危険だなと思います。
あと、本当の努力を知らなくても、これらの文字情報を自分なりに解釈できたら、何でも頑張った気になりやすいですからね、大した努力をしなくても思い込みだけで努力出来たような気になりますからね、ほんと危険だと思います。

 ・
 ・
 ・

先日、音楽のコンサートの途中で、指揮者が奏者を叩いたという出来事が起きました。

数日の間、facebookのぼくのタイムラインには件のことが多かったです。笑

いやしかし、第三者が暴力を否定するのも肯定するのも、ちょっと変かな?と思ってしまいました。
メディアはいの一番に暴力を取り上げましたが、まぁ何と言うか。

当事者のコメントが出てきていて、当事者間での話は無事収束したはずなんですけどね。
何で全く関係ない外野がのこのこ出てきて、当事者間ではうまく収束したはずの話を意味なく蒸し返す必要があるんですかね。笑

昨今の日本文化では暴力的な指導は完全NGな空気になってきました。
海外文化の影響もあってか、どのような状況であったとしても暴力NGとする社会になってきたと思います。

そういう社会に向かっていくのは時代の流れもあるのでまぁいいとは思いますが、何でそこまで暴力NGに拘るのかもよく分かりません。
特に、叩かれた当事者が出てきて「私が悪かった。」と認めているにも関わらず、何で第三者がのこのこ出てきて物言うのか、さっぱり理解できません。

あと、”なんで日本には暴力的な指導があるのか”を考えてみてはどうかな?と思います。
指導に暴力を用いたのは、昨日今日のお話ではありません。
そうしなければいけない理由があったから、長い年月、日本という島国はこの手法をとってきて、日本人の文化に根付いたものです。

それを何も考えず「暴力NG」だけを声高に叫ぶというのは変な感じがします。

昨今、柔道に携わると”反暴力の教え”と言いますか、そういうモノと向き合うことが増えてきました。
しかし、大学の時に卒論を書くために大学の図書館に行って見た、武術や武道の文献には、”教えの厳しさ”みたいなのは書かれていたように記憶していますけどね。
反復運動を間違えた時や規律が守られていない行動には、厳しい罰則があったように記憶しています。
まぁ、その、何と言うか、昨今の”頭を叩いた”、”顔を叩いた”という程度のことは暴力とは言わないレベルの指導だったように記憶しているんですが、いつのまにか”加納先生は暴力が大嫌い”みたいなノリになってきています。笑

ちょっと皮肉った言い方になってしまい申し訳なく思いますが、そんな諸々を思っています。

”暴力NG”と言うことは悪いことだとは思いませんが、何故”暴力”があったのかは考えた上で改善するような流れにならないと、この手の話はなかなか落ち着かないのかな?と思います。

 ・
 ・
 ・

ぼくは仕事と柔道の両立を目指して奮闘中です。
今のところ、バシバシの暴力を振るうこともなくやれています。

でも、例えば、明らかに人様の言うことを聞かないアウトローを相手に、仕事でも柔道でも優しく面倒を見れるかどうかと問われると、なかなか難しい・・・というより個人的には無理かなと思います。

暴力ゼロでアウトローゼロの社会ができたら凄いと思いますけどね、誰かやってくれませんかね?

そんなことを思った今日この頃です。

 - その他