SEMラボラトリーの社長ブログ

大阪でSEO対策(検索エンジン最適化)をしています。Movable typeからWordpressに変えた新ブログです。SEOと柔道が三度の飯より好きです。マイペースに更新しています。

SEO対策(検索エンジン最適化)のSEMラボラトリー社長ブログ

2016年、最初の感動

   

感涙

どうも涙腺が緩みやすいなぁと感じる今日この頃、みなさんこんにちは。

人前では泣きませんけどね、絶対に泣きません。笑
でも、やっぱり心の中では感動してたりしまして。

昨年のラグビー日本代表の戦いっぷりがたくさん動画でアップされてまして、それを見て毎日心震えています。
夜な夜な仕事をしながらそういう動画を流してると、どこまででもやれそうな気がしてきます。

そういう感動にはなかなか巡り合わないモノで、感動するために1000日を費やしてると言っても過言ではない程に、人生ってしんどいですよね。笑
なかなか日の目を浴びず、下手すれば一生そういう想いをすることが出来ない方もいるんじゃないかなと思っています。

先週の日曜、恐らく一生忘れないだろう日になった気がします。

ぼくは、休みの日や土曜日は柔道を教えに(?)行かせてもらっています。
ぼくが中学の時に通ってた道場です。

その道場は人数が多いわけではなく、少人数で柔道をやってる道場です。
有望株もいれば、勝負を望むには少々厳しい子どももいます。
なので、その子にあったステージの柔道をする道場です。
というか、柔道もそうですが、己を練磨する場所と言っても間違いではない道場です。

師匠もだいぶと優しくなりまして、ぼくが中学生の時からは考えられない程に優しくなりました。笑

さておき。

先週の日曜に地区の試合がありました。
決して大きくはない試合で、少々強い子どもにとっては退屈な試合かもしれません。
そんな試合で、中学になって初めて試合で勝ち2位になった子ども(中学2年・S君)がいました。
身体も細く、お世辞にも気も身体も強いわけではなく、でも練習は小さい時から真面目にやってるSです。

これも縁というモノなんでしょうね。
その子どもは、ぼくを鍛え上げてくれた方のお子様なんですよね。

ぼくはその方が大好きでして、今も尊敬しています。
あの時は、原点と言っても過言ではない程に鍛えて頂きました。

そんな第二の師匠と言っても過言ではない方のお子さんSには、第二の師匠のことをずっと言い聞かせるかのように話をしてまして、そのせいか、か細い身体を使って頑張ってます。

でもやっぱり勝負をするには若干しんどかったんですよね。
昨年の昇段試合でも1回も勝てず、ぼくの前でボロボロ泣いてました。
そんなSが、3回も試合に勝ち決勝まで上がったんですよね。

決勝戦前、ドリンクを持って声をかけに行きました。
Sはかなりしんどそうな顔をしてたんですが、嬉しそうでもありました。
ドリンクを渡して

「最後まで頑張ってこいよ!」

と言ったら、ボロボロ泣きだしました。

「凄く嬉しいです・・・。」

と言い、涙を流しながらドリンクを口に含んでました。
もう何と言うか、Sの顔を見たら泣きそうだったので目を逸らしました。苦笑

「まだこれからが勝負やろ!」

と言ったモノの、Sの顔を見て言うのは至難の業でした。

この時、もう一人、勝負に弱い子ども(中学2年・H君)が試合に出ていました。
軽量級のはずなんですけどね、重量級の試合に出ることになって、

「あちゃぁ・・・汗」

という感じでした。
でもHには

「今日は勝つ!」

と言い聞かせてたんですが、なんと3位になったんですよね。
黒帯の重量級を得意技で投げたんですよね。
いつも試合後、消化不良感の残る試合をしてたHが、文句ないくらいの柔道をしたんですよね。

いつも試合前から負けてるような雰囲気の中学生二人が、なんと入賞したんですよね。
因みに、いつも入賞してた子らは、なんか知りませんがすぐに負けてました。苦笑

なんでしょうね、この二人の中学生は今回の試合の MVP だったんですが、久しぶりにリアルに感動しました。
(※ MVP は、ぼくが勝手に決めてまして、道場で褒めまくるための要素にしています。笑)

帰ってから妻に延々と話をしました。
おかげさまで、その日に予定してたことを忘れてすっぽかしちゃいました。汗

分からないモノですね、ホントそう思います。

諦めることの愚かさを改めて感じました。
そして、こういう感動を味わえているうちは、まだまだ頑張れそうな気がしています。
負けてられん、改めてそんなことを思いました。

2016年、最初の感動でした。

さてさて。

YouTubeにアップされていた動画で締めくくりたいと思います。
努力する全ての方々へのメッセージになるような動画です。

ラグビー日本代表の応援ソング・楕円桜

なんか桜と聞くと、”闘う日本男児”を連想します。
熱い言葉です。

 - 日常 ,