SEMラボラトリーの社長ブログ

大阪でSEO対策(検索エンジン最適化)をしています。Movable typeからWordpressに変えた新ブログです。SEOと柔道が三度の飯より好きです。マイペースに更新しています。

SEO対策(検索エンジン最適化)のSEMラボラトリー社長ブログ

成長

   

2 月〜 3 月、ぼくのfacebookのタイムラインには、卒業式や進学の話題で溢れます。
喜ばしいことでありながら、ちょっとした寂しさを感じながら見てたりします。

ぼくが行かせて頂いている道場からも一人、柔道で高校進学の決まった子どもがいます。
人一倍の苦労をすることになるでしょうが、元気付け勇気付け、そして、帰省する時には土産話を持って帰ってくるよう言って送り出してやりたいなと思ってたりします。

本気で物事に取り組むと、信じられない程に辛く苦しいことが降りかかってきます。
自らの意思で選び覚悟を決めたとしても、時に耐えることが出来ない程に辛いことです。
それは上のステージに行けば当然のことのように毎日毎日自らの身に降り注いできます。

何が正しくて何が間違えてるのか、幼い経験や判断基準ではなかなか推し量ることが出来ず、自分自身が全否定されるようなそんな気持ちになることも珍しいことではありません。
これがどれほどに辛いことか、まだ想像も出来ない世界です。

だからこそ、正直に誠実さをもって全身全霊をかけてぶつかって自分自身の答えや自分自身の軸をつくってほしい、そんなことを思います。

しかし、歳を取るとこのようなことがなかなか出来なくなってくるような気がします。
プライドが邪魔をするのでしょうか、それとも何でもかんでも勢いだけでは失うものが多すぎるのでしょうか。

会社で立場が下の時は、上にいる先輩や上司から結構な勢いで詰められることが多いです。
例えば、何か難しいことに直面した時、「どのような理由があって難しいのか?」ということを全員が理解出来るように明確にすることを求められ、嘘や不正に対してかなり厳しいです。

でも、これは当然っちゃ当然のことです。
会社や社会で求められるモノは結果や何かしらの成長なので、こういう議論を繰り返して検討や検証をしなければ結果を出すことは難しいものになってしまいます。

しかし、何でも竹を割ったように綺麗に結論を出すことが出来なかったりするものです。
だから、上司は部下の心情を推し量り、適正対処することが必要なのかな、と考えています。

そうやって一つずつ経験や実績や、自分自身の軸となるものなどを身につけて成長するものなのかな、と思っています。

そう思うんですけどね、歳を取るとなかなか出来ないようです。

ニュースを見てると度々思うんですが、なんだか要領を得ないようなお話が多いです。
正直に言って先に進めばいいのに、本当のことを言わないから全然前に進まなかったり。
訳のわからないことばっかり言ってるから答弁が成り立たなかったり。

いや、まぁ、大人の事情もあるとは思うので、全部を赤裸々にしてくれとは言いませんが、せめて起きた事実や自分自身がやらかしたことくらいは正直に言ってほしいなと思うんですけどね。

成長するのって難しいですね。
正直に、誠実に、真摯に、正々堂々と自分自身と向き合って全力を出すだけなんですけどね。

ぼくも常に気をつけていたいなと思う最近です。

 - その他