SEMラボラトリーの社長ブログ

大阪でSEO対策(検索エンジン最適化)をしています。Movable typeからWordpressに変えた新ブログです。SEOと柔道が三度の飯より好きです。マイペースに更新しています。

SEO対策(検索エンジン最適化)のSEMラボラトリー社長ブログ

新年度シーズン

   

卒業シーズンを終えると、すぐに新年度シーズンに突入します。
卒業という悲しいイベントの余韻に浸る間もなく新シリーズ突入します。
悲しんでる暇はありませんね。

そして、新年度シーズンに突入してからあふれる話題が、

「新入社員が 1 日で会社を辞める!!!」

的なニュースです。
この流れ、ここ数年、鉄板化しているのではないでしょうか。笑

笑いごとのような笑い事じゃないような。

ぼくは、このようなネタ化しているお話をあまり他人事のように聞くことが出来なかったりします。汗

ぼくは 1 日では会社を辞めてませんが、 1 社で 2 年も続かずに辞めてます。汗
気付いたら 28 で起業してた感じなので、どこか他人事ではない気がしています。

柔道は頑張れたんですが、会社は続きませんでした。

でも・・・。

こんなぼくが言っても説得力ないかもしれませんが、仕事はただ単に辞めたわけではないですよ・・・いや、ほんとに。

嫌な人がいたわけでもなく、仕事内容そのものに納得がいかなかったわけでもなく、給料が少ないのがキツかったけどまぁそれも我慢できる。
むしろ、仕事環境はどこの会社も良かったのではないでしょうか。

仕事内容に希望や理想がなかったので、別に何をやるのも苦にならなかったです。
強いて言えば、お金周りの計算が出来ず苦労した記憶が・・・。汗
いつも上司に怒られてましたが、たまーに物凄い形相で経理や総務の方に怒られてたので、なかなか慣れずキツかったっす。汗
まぁでもそれでも我慢できる。

それよりも

<?php echo ‘Hello World’; ?>

を初めて書いた時の感動と言いますか、

「これをもっとやれば確実に生まれ変われる!!」

という、言葉になるようなならないような感覚が衝撃的でした。
これが全てを突き動かしたという感じで辞めるに至ったと言って過言ではありません。

とは言え、いきなりプログラムの初歩を知ってプログラムを書くことが出来る程度で人生が変わると思ったわけではなく、これを我流で使いこなすことに意味があると感じたという感じです。

なので、会社を辞めた次にはもちろん見据えるモノはありましたし、それ以外のことは考えることが出来ませんでした。
現実的なお話、収入や貯金の話にぶち当たるわけですが、そんなアテあるわけもなく・・・。

極論ではありますが、アホそのものです。
しかし、そんなことも考えることが出来ない程に、我流で磨いたモノには何かがあると考えてまして、それは今も変わらずに思い続けています。

とは言え、何をするにしてもストレスフリーでやれるわけありません。
こんなことはあまり言いたくないですが、嫌なことナシに好きなことが出来るわけがありません。
それよりも、ぼくはぼくよりも努力してた人を数々見てきたので、そう考えると何か嫌なことがあっても苦にならなかった(苦になっていない)という感じです。

三日で辞めることが凄いこととは思いませんが、だらだら続けることも凄いこととも思いません。
長く続けるなら長く続けている理由があると思います。
三日で辞めるなら三日で辞める理由があると思います。

この理由とその先にある行動が重要で、何かに反発するのではなく、自分自身で見た理想や夢やビジョンやミッションなど、常にそれらに近づくような選択をして、ふざけたことを言わず真剣にやりきることが出来れば別に何でもいいのかな?と、そんなことを思ったりします。

んで、そんなことを考えてるので、ただ単に嫌になって会社を辞めたわけではないんですよ・・・って、話が全くまとまらず長くなってしまいました。汗

まぁ別に何が言いたいというお話ではなく、新年度シーズンになると色々なネタが出てくるので、単にそんなことをふとふと考えていたというお話でした。

 - その他