SEMラボラトリーの社長ブログ

大阪でSEO対策(検索エンジン最適化)をしています。Movable typeからWordpressに変えた新ブログです。SEOと柔道が三度の飯より好きです。マイペースに更新しています。

SEO対策(検索エンジン最適化)のSEMラボラトリー社長ブログ

欠点と長所

   

考えるの図

みなさん、こんばんは。

この新しいブログを立ち上げる前に、旧ブログを書き始めた頃の記事を読んでて思ったんですが、旧ブログはちょうど丸7年くらい前に書き始めてたことに気がつきました。

会社の創業を2009年1月としているんですが、実は結構曖昧でして、たしか2008年の10月くらいに前職を退職してたと思います。
ブログを書き始めたのは、退職届けを出してたからだと記憶しています。
ただ、後任の問題があってなかなか辞めさせて頂けなかったことを憶えています。
そんな時のことをふと思い出しました。

どうって話ではないんですが、色々考えたことをまとめておこうと思います。

「起業して○年経ちました」というようなテーマの記事を書くか書かないか・・・

よく拡散されているブログの記事テーマとして「起業してから○年経ちました」というのがあります。
ぶっちゃけ、直近で短期間のことをタイムリーによくまとめられるなぁ・・・と思い感心して読ませて頂くことが多いです。
あまりにタイムリーすぎて書くこと自体が怖いと思ったことがあり、ぼくはそういう記事を書くことが出来ませんでした。汗
なので、これについては単純に凄いことだと思っています。

とは言え、その時の節目節目みたいなのはあるものでして、○年の軌跡みたいなネタがないわけではありません。
今となってはですが、過去のこととして書いても許されるだろう的なことは多いと思います。笑

しかし、それよりも今現在感じている「短所と長所」について考えたい気がしています。

2年、3年の経験は5年後にはまた変わった経験になる(気がします)

ぼくは毎年考え方が変わってる気がします。
考え方というより、社会観という方が正しいのかもしれません。

例えば、”頂いた仕事に対する責任感や期待されているであろう成果”に対する考え方はよりシビアになっていると思います、なので変わったというよりは、過去の延長線上にある感じです。
しかし、創業当初にあったノリや勢いに関してはある程度落ち着いた気がします。
ニュースもよく見るようになりました、特に経済関係は。
これらを外すといつなんどき何が自分の身に何が降りかかるか分からなくなるので、見ないという選択肢はなくなってきた気がします。
ニュースに対しての見方や考え方が変わりました。

数字や事業については、経営者になれば凡そ誰でも考えることだと思います。
しかし、逆に経営者にならないと考えることはないと思われるような内容です。
ありきたりで月並みなのかもしれませんが、経験が1年分増えるとそれだけ幅も広がる気がしています。

そういう意味ではやはりだいぶと変わったかなと思っています。
2年前、3年前に見たニュースや業界での出来事、そこから更に時間が経って改めて見ると、やはりその時に感じたこと以上のことを感じることが出来たり、別の角度から見ることが出来るようになってる気がします。

なので、頑張って先述のようなテーマのことを考えて記事の下書きを書いても、ちょっと落ち着いて考えてみようとなって堂々巡り的な、結局そういうことが多くなり今現在を感じることが多くなるのかなと思っています。

今感じている自分の欠点と長所

短所 : おれが!おれが!が強すぎる。(言い換えると)マネージメントを知らない。
長所 : 何があろうと、とりあえず頑張るところ。笑

かなと思っています、今のところは。
ってゆうか、なんか小学生にありそうな長所と短所ですね・・・。orz

これが原因で組織を大きくすることが出来てないのかな、、、と思ってたりします。
”大きな組織”と言っても色々あるので、細かいことは割愛します。
”こうありたいと思っている姿になれてない”という意味で捉えて頂ければと思います。

ということで、目下、自分を変えるべく色々考え動いている今日この頃だったりします。

ということで、、、

そんなことをふとふと考えたんですが、これからもきっと色んな変化があると思っています、色んなことが起きると思っています。
なので、常に自分を見つめて良いように進化したいと思っています。
もうすでにこの欠点と長所を良いように変える目標を立ててるので、まずはそこに向かっていきたいところです。

って、なんかまとまりない感じになりましたが、そこは個人ブログということでお許し頂けますと嬉しいところです。
あと、「おれが!おれが!」で場を盛り上げることもあるかと思いますので、そういう時もお許しを頂けますと幸いでございます。w

 - その他 ,