SEMラボラトリーの社長ブログ

大阪でSEO対策(検索エンジン最適化)をしています。Movable typeからWordpressに変えた新ブログです。SEOと柔道が三度の飯より好きです。マイペースに更新しています。

SEO対策(検索エンジン最適化)のSEMラボラトリー社長ブログ

平成29年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 観戦記

   

平成29年 全日本選抜柔道体重別選手権大会パンフレット

去る4月1日(土)〜2日(日)、福岡に全日本選抜柔道体重別選手権大会を見に行ってきました。
この大会は、各階級8人、全柔連から選抜された選手しか出場しない試合なので、どの試合を取ってもレベルが極めて高い試合です。
また、試合場が二つしか設けられてないこともあり、会場中の視線を独り占め状態で試合をすることになるプレッシャーも凄い試合です。

今年からルールの変更があり、見慣れない光景もありました。
その点だけ、感覚的にズレがあったような感じがしました。

試合時間は男女ともに4分。
これまで、男子は5分でした。

有効や効果がなくなり、技有りと一本のみ、技の判定になります。
技有りは幾つ取っても一本になりません。

指導は合計3つで反則負け。
指導が2つまでで試合が終了しても勝負はつきません。
ただし、ゴールデンスコア時の判定に加算されます。
ゴールデンスコア時に指導の数に差があった場合、指導の数が少ない方にゴールデンスコア時に指導が加算されても、まだこの時点では勝負はつかず、指導の数が上回った時点で勝負がつきます。
指導が出るまでのタイミングはだいぶと遅い感じです。

抑え込み時、10秒で技有り、20秒で一本です。

というような感じでしょうか。
選手にとってはしんどい試合が多くなるかもしれませんね、そんなことを感じました。

さて。

試合内容ですが、毎度のことながらレベルが高く見応えのある試合ばかりでした。

60kg級の永山選手、高藤選手に勝ち越していました。
高藤選手と永山選手の闘いが続きそうな感じがしました。

66kg級の阿部選手、前回のグランドスラム東京と同等に破竹の勢いでした。
丸山選手に頑張ってほしい・・・そんなことを思いながら見てました。

73kg級は橋本選手、強いですね。
ゴールデンスコアで長丁場の闘いでも最後まで動き続けていたあたりはさすがだなと思いました。
立川選手は終始粘りの柔道でしたが、どの試合も終始見せ場を作ることなく終わられていた印象でした。
それだけに大野選手や土井選手の欠場で盛り上がりが今ひとつ欠けたような印象がありました。
立川選手と競り合った山本選手、まだまだいけるような感じでしたので、今年一年の活躍に期待したいと思っています!

81kg級の長瀬選手、相も変わらず強いですね。
渡邊選手もかなりキレのある柔道をしているように思いますが、長瀬選手が一つ抜き出ているイメージが定着してきたように思います。
この両者の対決は学生の時から続いているので、これからの対決にも期待をしたいところです。
丸山選手、大学の時よりも強さを感じています。
全日本選手権の東京予選でもベスト4で名乗りを上げていました。
これからも期待です!

90kg級のベイカー選手、初戦で怪我をしていましたが、対した小林選手は上手い柔道をする選手で初戦から見応えのある試合を展開していました。
ただ、ベイカー選手、メディアに出すぎかな?という気がせんでもない感じでした。
いつもの粘りや勝負所での力強さが感じられませんでした。
オリンピック後初の試合で気負いすぎたのか、オリンピック優勝で取り巻きや環境が変わり平素のあり方が変わったのか・・・そんなことを感じてしまいました。
とはいえ、まだ東京に向けて始まったばかりなので、これからの活動に期待したいところです。
優勝した向選手は最初から最後まで動き自分の柔道を展開したところが凄いと感じました。
ベテランの加藤選手、いつ見ても安定の柔道を展開しますね。
サッカーのキングカズではありませんが、長く柔道を続けて頂きたい選手だと思っています。

100kg級のウルフ選手、安定の力強さを発揮されていました。
対する羽賀選手、精彩を欠いたように見えました。
ウルフ選手の力強さがそのようにさせたのかな、、、とも思える感じでした。
兎も角、この両選手の対決は続くと思いますので、これからの対決には注目したいところです。
国士舘の飯田選手、ウルフ選手や羽賀選手に追い越さんばかりの勢いを感じるので、三つ巴みたいな感じの代表争いが続きそうな階級です。

100kg超級、優勝した王子谷選手、強かったです。
圧巻という感じでした。
影浦選手、太田選手、東海大学勢の強い階級でした。
73kg級も同様ですが、東海大学勢の選手はみんな学習能力が高いせいか、試合の途中から流れを変えにいくことが異様に上手い感じがしています。
五輪メダリストの原沢選手(vs影浦選手)、七戸選手(vs太田選手)、試合の前半はこの両選手が有利に試合を組み立てそうだった試合、蓋を開けてみると中盤くらいから影浦選手や太田選手がそれぞれの選手に対して上手く対応しはじめていました。
出来そうでなかなか出来ない、そんな試合の展開になっていたように思いました。

そんな感じのことを諸々感じた試合でした。

でも、(言い過ぎかもしれませんが、)ぼくは基本的に選手全員のファンなので、どの試合も楽しく観戦させて頂いている感じです。
ただ、母校出身の選手にはより一層頑張って頂きたい・・・そう思っている感じです。

以下に、「柔道チャンネル」の試合結果ページのリンクと、YouTubeに試合動画がアップされているので、ご興味のある方は是非見てみてください。

柔道チャンネル 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会
YouTube 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会

そんなこんなで、いつまで試合を見に行けるかは分かりませんが、これからも試合観戦ができればなぁ・・・と、改めて思った先日でした。

 - 日常 ,