SEMラボラトリーの社長ブログ

大阪でSEO対策(検索エンジン最適化)をしています。Movable typeからWordpressに変えた新ブログです。SEOと柔道が三度の飯より好きです。マイペースに更新しています。

SEO対策(検索エンジン最適化)のSEMラボラトリー社長ブログ

鈴鹿サーキット南コースで走行会

   

某日、人生初、カーレースに関わりを持ちました。

これまで、あまり車に興味を持つことのなかった私ですが、鈴鹿サーキットに行ってまいりました!
最初、だいぶと不安・・・と言いますか、

「どんな感じでカーレースを見たりして楽しむことができるのか?」

と思っていましたが・・・結論、めちゃ楽しかったです。笑

今回、お誘い頂いた方がライセンスを持っていることもあり助手席に乗せて頂き、だいぶと興奮してきました。
予めですが、念のため、ぼくは運転していません。w

ぼくは先述の通り、あまり車に興味があるわけではありませんでした。
でも、スポーツ観戦などは好きなので、色々と楽しむことができました。
ただ、スポーツ観戦をしない方でもレースカーに触れるタイミングがあれば好きになりそうな気がしました。
兎に角、車のこともそうですし、走行もそうですが、ゲームセンターでしか見ることがないようなシーンを体感出来るのは物凄く大きなきっかけになりそうな気がします。

では早速当時のことをフォトログでいきたいと思います。

写真で見る鈴鹿サーキットの走行会

鈴鹿サーキットの南コースに入るには西ゲートから入る必要があるようでした。
入口の西ゲートです。

鈴鹿サーキット西ゲート

この日、車で行ったのですが、西ゲートに入ると、この日は車以外にもバイクなどの走行も行われていたせいか、「うぉーーーん!!」と排気音が物凄く聞こえてきたため、車を動かしている途中、ちょっと怖かったです。笑
なんかすぐ近くを物凄いスピードで車やバイクが通っている感じです。

西ゲートの入口で車を止めて先に進むとピットが見えてきました。
ここで色々な車の整備や調整などをされていました。

南コースのピット

そして、そのピットからサーキットに入るところがあり、すぐ横にサーキットがある感じでした。
全員が全員、スピードを競っているというわけではなく、走行会という練習会のような感じでしたので、色々なルールの上で走行されていました。

南コースのサーキット

今回、お誘い頂いた方の車です。
HONDAのS2000という車でした。
パッと見、普通のスポーツカーですが、中はフルカスタマイズされていました。

HONDAのS2000

まず運転席です。
シートからメーターから何から何までフルカスタマイズでした。
凄いですね。

S2000の運転席

エンジンをかけると、メーターがつき車の状況が分かるようになっていました。
普通の車とはだいぶと違っていて、走行時に必要な情報が大きく表示されています。

フルカスタマイズのメーター

エンジンの回転数のような重要な情報はランプが点灯して表示されていました。
走行中はやはり前を見ている時間が圧倒的に長く、後ろや横を見るのはほんの一瞬です。
また、メーターについても重要な情報をチラ見して全てを判断しています。
特にエンジンの回転数や温度に関わる情報は車の生命線になるため、スピードメーターよりも重要ということでした。

エンジンの回転数でランプ点灯

そして、これまたフルカスタマイズされていた車のフロント部分でした。
自分のアクアと見比べると、確かに違うことは分かったのですが、何がどう違うのかは全くわかりません。笑

フルカスタマイズ車の内部

ただ兎に角、車を知り楽しみたい一心で色々見聞きしました。
せっかくの走行会の中、ぼくみたいなのに色々聞かれてうっとおしかったと思いますが、快くお応え頂きました。

そして、タイヤやオイル(?)、その他計器などの走行前のチェックを一通り行い、実際の走行です。
その走行前の一コマです。

走行前の一コマ

何度かの走行後に、横に同乗させて頂きました。
他にも3名様の方が一緒に走行会にきており、皆様それぞれの車で走行されていました。

そのうちの1名の方の車です。
お誘い頂いた方と同じHONDAのS2000です。

HONDAのS2000

車のエクステリアもそうですが、インテリアも全く異なっていました。

カスタマイズされた運転席

外観写真を撮り忘れたのですが、シビックの運転席です。
これまで個性あるインテリアになっていました。

シビックの運転席

後部は全て取り外し、パイプが通っていただけでした。
うーん、、、凄い。

シビックの軽量化された車内

そんなこんなで、ピットにいて色々見聞きしただけで、物凄く楽しくなってきた感じでした。

そして、実際に同乗させて頂いた感想・・・勿論、最初は怖かったです。笑
直線に入って数秒で時速100kmを超えるほどの加速です。
そんな車に乗ったことはないわけで・・・。笑
あと、運転のテクニック(?)によってレースそのものが物凄く変わるということも感じました。

ぼくが同乗している時は、そこまでスピードを出されず、やはり気を使われていて、まだホントのレースを知らない感じではありますが、それでも物凄くスピード感はありましたし、ドリフトやインアウトなどなどを楽しむことができました。
また、アクセル・ブレーキ・ハンドルのワークを周ごとに変えて頂いたり、ぼくでも分かるように色々ご説明を頂きました。

鈴鹿南コースでの走行会の様子がYouTubeの動画でアップされていました。
以下に貼らせて頂きます。
因みにですが、この動画とぼくが行った走行会は全く関係ありません。
ちょうどこんな感じでしたよ・・・という感じの参考動画的な、そんな感じです。

最後の最後に余談かもしれませんが、皆様、レースで使われた車はトラックに積載されてこられていたようでした。
さすがレーサーですね・・・って、やはり色々なモラルやルールの上に成り立ってんだな、、、と思いました。

今回、お誘い頂いたのは奈良県に所在するホワイトナッツ社の社長様でした。

ホワイトナッツ
ホワイトナッツカーズ

ぼくは基本的に無趣味みたいな、柔道と仕事以外のことに対してあまり積極的な関わりを持たないタイプですが、お誘い頂き快く迎え入れて頂いたことがとても嬉しく思いました。
そして、こうやって色々な視野を広げるということは、色々と重要なことだな、、、と強烈に感じた走行会でした。

記事文中にも書きましたが、全員が全員、スピードを競っているわけではありませんでして、単純に公道では出来ないサーキットを走るだけの趣味の方もいらっしゃいました。
もし、車にちょっとでも興味のある方は、走行会に参加されたり、ちょっとした車のカスタマイズをしてみると、車との接し方が変わるかもしれませんね、、、そんなことも思いました。

子どもの頃に一度はレースゲームにハマられた方、一度はレースのような走り方をしてみたいと思ったことがあると思いますが、その夢のパッケージがここにはある・・・うまく言えてないかもしれませんが、そんな場所がここだったように思います。w

今度はレースの大会を見に行って見たい、そんなことを思った走行会でした。

 - 日常 ,