自然災害とノマドと休暇

毎日、暑いですね。
物凄い暑さだと思います。

ニュースを見る限り熱中症患者の数は年々増加傾向にあるようですね。
そして、小さなお子さんやご年配の方に多いとか。

熱中症だけに限らず、一定以上の負荷のかかる出来事に対する対策って、一定以上の負荷から避けるということではなく、適度な負荷をかけて慣れることが一番なんですけどね。
まだ年齢が小さいお子さんやご年配の方々に関しては、なかなか難しいところがありますよね。
うーん、難しい。

ぼくは、割と暑いのには慣れてるせいか、この暑さの中でもパフォーマンスは多分落ちてません。笑
相変わらず毎日10と数キロ歩いているせいで日焼けしてきています。

しかし、これだけ暑いと、全体的なパフォーマンスの効率化を求めようと思うと、自宅作業が一番いいのかもしれません。
適度な負荷はかけ続けないといざという時にダメになりますが、仕事ではとりあえず成果を出さなきゃいけないというところがあるので、通勤や退勤が苦痛な暑さになると、ちょっと色々考えなければいけないかもしれません。

久しぶりのキーワード、「ノマド」ってやつですね。

会社の近くに住めば良い、
場所を選ばない仕事にすれば良い、
などなど、まぁ色々ありますけどね、そうも言ってられない人も多いと思います。

まぁ色々ありますよね。

 ・
 ・
 ・

って、いやまぁどういう話ではないんですが、先日ニュースで「この暑さは自然災害ですね。」ということを話されてたのを見て、そんな諸々を思いました。
地震が起きたり、大雨や台風が来たら電車に乗ってる場合じゃないですし、最近の自然災害は根性論が通用しない感じがしていますので、暑さもそんな感じかな?と思った次第でございました。

しかも、どれだけ暑さに慣れてると言っても、限界はありますからね。

最近(ここ10年くらい)はゴールデンウィークがだいぶ長い傾向が強いですが、夏がこれだけ暑くなってくると、お盆前から休みを入れて夏休み・盆休みを長くして、年内の休日を調整した方がいいんじゃないかな?そんなことを思います。
学校の都合は分かりませんが、社会のあり方は、そういう風にした方がいいような気がします。

ぶっちゃけ、ゴールデンウィークは連休にする必要性があるのかないのか分かりません。苦笑
リフレッシュのための休暇なら夏でもいいわけで。

いやまぁ、正直なところ、ぼく個人的には休みは少なくてもいい派なのでアレですが、そんなことを思った今日この頃です。