Macに外付けハードドライブ装着

ちょっとしたメモ書きみたいな記事です。

動画の制作(?)に関わることがあり、色々やってますが、いきなり容量が増えまくってきましたので、Macの外付け2Tを購入しました。

外付けハードドライブ(2T)
G-Technology 2TB G-DRIVE Mobile USB-C Portable Hard Drive

それより以前にGoPro HERO6も購入してたんですが、最新のカメラの高解像度ときたら、扱い間違えたら大変なことになりかねないなと感じました。

○4K/60fpsで撮影すると、その撮影ファイルは普通のソフトではまともに再生できない。

○Macでicloudとデータを連動させると、一瞬で容量がパンクする勢いになる。
 iMovieのライブラリもですが、いきなりボリュームが膨れ上がるので、外付け必須。

だましだましやってたんですが、いきなりの膨れ方にびっくりしてすぐ外付けを取り付けました。

ということで、二百ギガが数時間のうちに外付けに行き、Mac本体がだいぶ身軽になりました。
しかし、2Tあるというのは楽ですね。
ついでに、基本的なファイルや素材類は全て外付けに移動させました。

昨今、コンテンツ命的な感じが物凄く強くて、どの案件でもコンテンツをどこまで強くできるか?というのがテーマになっているように感じます。
そこで、アクションカメラや本格的なカメラで撮った動画をYouTubeやInstagramのようなSNSでアピールする流れになってますが、何から何までが凄いですね。
カメラマンさんの有り難みがよく分かってきたと言いますか・・・。
こうなってくると、お手軽に動画コンテンツを・・・というわけにはいかない時代がやってきたように感じます。

そんな諸々を感じている最近です。