ホームページの仕組みの修正とブログのテーマ変更

ノートパソコンとスマホ

先日、ポケット wifi を繋ぎながら仕事をすることがありました。
最近はどこに行っても wifi が繋がっているので、ポケット wifi の利用シーンが減ってたんですが、ここぞとばかりに活躍してくれました。
ただ、何というか、久しぶりにポケット wifi を使ってびっくりしたことがありました。

何にびっくりしたって、動画を見たわけでもなくて、限られたアカウントのメールのやり取りと情報を調べるためにネットサーフィンしたことと若干のコードの修正くらいの作業なのに、 1GB 以上の転送をしてたということにびっくりしました。
2〜3時間くらいは作業をしてたかもしれませんが、 1GB の転送を超えるような転送をした記憶はありません。
メールも何千通も受けたわけではありません。
コードを修正したファイルもあれこれしましたが・・・。

大した話ではないんですが、なんかかなりびっくりしました。

個人的な話になりますが、ポケット wifi を使い始めたのが 8 年前くらいになりますかね。
よく憶えてないんですが、東京や遠方に行った時、ネット環境がなくてかなり辛かったので使い始めたんですが、当時は 3GB くらいのサービスが一般的だったんじゃないかなぁ?と思います。
今は最低でも 5GB くらいが平均的で、スポットによっては制限がないスポットがあったり 7GB〜10GB くらい使えるサービスが多くなってきた印象です。
動画を見たりすると、ポケット wifi の転送量が増えてくのはよく見てたんですが、動画を見なくても増えていくというのは、お目にかかったことがありませんでした。

なので、転送で 1GB 取られても大した問題ではないんですが・・・色々思うことがあった次第でした。

ということで、その 1GB を見たので、色々気になって閲覧してたページを片っ端から(?)見てみたんですが、どのページもきっとかなり重たいんだろうな・・・と感じました。

wordpress や国内の有名どころの有料の CMS で運用されているサイトがほとんどだったと思います。

ぼくがこんなことを言うと怒られるかもしれませんが、きっと助長的なコードが多いんだろうなぁと感じています。
見るだけでそんなに重たくなるということはバックエンドも相当なものだと思います。
おまけに外部ファイルの読み込みや sns の読み込みなどなど、運用側のコントロールとは別のところで無駄なデータの転送が異常に多いんだろうなぁと感じています。

Google や Yahoo は昔から重たいイメージですのであまりびっくりしませんが、一般的なごくありふれた・・・と言うと言い方が悪いかもしれませんが、どこにでもありそうな情報を見るのに、そんなに多くのデータを読み込まなくても・・・と、そんなことを感じました。
単にミニファイすればいいとか、そういう次元のことではなくてです。

重ねるようで申し訳ないんですが、 CMS の仕様をおよそ理解して運用されている方はどれくらいいらっしゃるんでしょうね?というそんなことかなと思います。
最近のパソコンや回線ってかなりハイスペックなので、平素あまり気にならないかもしれないんですが、ポケット wifi を使ってそんな諸々を感じました。

という諸々があったので、自社サイトの仕組みの部分を一旦見直しまして修正いたしました。
元々、オリジナルでつくったもので無駄はそんなになかったとは思ったんですが、 jQuery や ajax の読み込みなど無駄があったので仕様を変更しました。

あと、同時にブログの見栄えも変えました。
重たいと思われるプラグインは外してテーマの仕様に準じた最低限のプラグインだけを使うようにしました。
まだ全部の作業ができたというわけではなく、これで完璧というわけでもないんですが、まずは OK かなと判断したので修正を公開しているんですが、しばらくは微調整を重ねていこうと思います。

元々、そんなに転送量の多いサイトではなかったと思いますが、スマホに優しい、環境に優しいサイト作りを目指していきたいと思います。笑

あと、どうしていきなりそんな転送量を見たかというと、今年に入ってから動画作りをバリバリ進めているんですが、 YouTube を見てるとやはり転送量が増えるんですよね。
YouTube の検索結果や関連動画への表示されるロジックや諸々の解析(と言うほどではないかもしれませんが)などなど、色々見てると、やはりかなりの転送量になってるっぽいんですよね。
そんなことを色々調べたりしたものでしたので、過敏になってた次第でございました。w